リラックマとアラサー女子の共演? Netflixオリジナル作品「リラックマとカオルさん」

アラサー女性カオルさんの家に住み着くリラックマが、ある日突然に誘拐される。

誘拐犯からの手紙には

「リラックマはあずかった返してほしければ、ホットケーキ3まいとこうかん ごご7じにアパートの前でまて。バターとはちみつを忘れるな」

第2話「こいのぼり」

という平仮名多めの手紙が…。

あわてふためく、カオルさん。

要求どおりに少し焦げてしまったホットケーキを持っていくと「102号室」と書かれた新たな手紙が。

カオルさんと同じアパートの102号室には、ゲームをするリラックマと誘拐犯の姿が…。

その幼い誘拐犯の狙いは一体・・・?

第2話ではまっちゃいました。ホットケーキを用意してアパート前で待つ画がシュールすぎて大好き(笑)

「リラックマとカオル」さんはNetflixオリジナルのストップアニメーション作品。2019年4月19日配信開始。

リラックマが可愛すぎる

今までリラックマのことをどうとも思っていなかったのですが、ストップアニメーションでみるリラックマ・・・殺人的な可愛さです。

一緒にいる、白色のコリラックマと黄色い鳥も可愛くて、動いている姿に萌えがとまりません。

アラサー女子カオル

主人公は30歳前後の女性、カオルさん。
ボブの髪型がしっかりと決まっていて、実はスタイルがめっちゃいい。

男っ気が全く無く、少し真面目だけど、どこか抜けている彼女は地味だけど幸せに暮らしています。

その生活を彩るのはリラックマと同じアパートの住人。

登場人物のほとんどがほのぼのしていて、温かい気持ちになります。

声は多部未華子さんが担当しているそう。

ストップアニメーションのクオリティがやばい

どうやって作っているのか気になるほど、ストップアニメーションのクオリティが高すぎます。

まず住んでいるアパートがめちゃくちゃにキレイ、かわいい、住みたい、オシャレ。

職場や公園、家具からはじまり、果ては生活雑貨や本まで。

ありとあらゆるものが本物のようだけど、どこからノスタルジックを感じる表現で作られている気がします。

制作の方々、優秀すぎませんか・・・?

ストーリーに共感する

リラックマはストーリーの中で大したポジションではありません。

「あー」とか「うー」とかしか喋らないので、基本的にそこにいるだけなんです。

アラサー女性に降りかかる、結婚やモテ、会社の上司や部下との悩み。

その悩みの数々は、抽象化していくと何もアラサー女性だけに限定された悩みじゃなく、「誰しもが抱くであろう、焦りや不安にどうやって対処するか」というところにたどり着きます。

少しナイーブになるカオルさんに明るく捉えられるきっかけをくれたり、見守ってくれるのがリラックマという存在なんです。

みているとなんだか、羨ましくなります。

「リラックマとカオルさん」が面白い

ああ、こういう距離感でいられることって素敵だなぁと思います。

人は人、自分は自分であり、「結局人間生まれる時も死ぬ時も1一人だ」みたいな言葉があると思いますが、

それを踏まえた上で、リラックマとカオルさんの関係をみていると「相手を信じ、見守るぐらいがちょうどいんだろうなぁ…。」そんな気持ちにさせられます。

リラックマがカオルさんの側にいる理由は分からないんだけど、なぜかそこに絆を感じるのです。

こういう関係性を自分も築いていきたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA